OASIS-Utility

製品概要

LSI レイアウト設計フォーマット「OASIS」のデータ操作や OASIS と GDS、OASIS とテキストデータとの相互変換、セルの階層展開、フォーマットおよび制限チェック、DUMP 出力、階層情報のリスト出力など、豊富な機能を備えたツール群で構成された「OASISデータハンドリングツール」です。これまでに、サインオフに向けた必須ツールとして数多く採用いただいています。

従来の GDS フォーマットは、多数の高性能な機能を有するようになった今日の LSI 設計データの大規模化や高精度化に伴い、フォーマット自身の表現能力に限界が生じてきています。OASIS-Utility は、OASIS フォーマットで許されているさまざまな正規表現に対する煩雑な検査を高速かつ容易にし、OASIS  環境への移行を全面的にサポートします。

  • ファイルの読み込みや検査、出力を高速に処理し、設計 TAT の短縮に貢献。
  • IP/Library/ダミーパターン等を様々な規約のもと高速にマージしてフルチップデータの組上げが可能。
  • 変換や編集、検査などの多彩な機能を設計のさまざまな場面でフローの一部として利用可能。
  • 最適化により出力 OASIS ファイルのサイズを大幅に圧縮。大規模データの転送もストレスレス。

ツール群

ツール名 機能説明
lvgds2oasis GDS ファイルを OASIS ファイルに変換します。
lvoasis2gds OASIS ファイルを GDS ファイルに変換します。
lvoasishand レイヤ名やセル名といった、OASIS ファイルのエレメントなどを変更します。
lvexpand OASIS や GDS ファイルの、指定したセルの階層を展開します。
lvoasislint OASIS ファイルのフォーマットや指定の条件をチェックします。
lvoasishilint OASIS ファイルのフォーマットや指定の条件を階層的にチェックします。
oxtext OASIS ファイルと ASCII ファイル(オリジナル形式)の相互変換を行います。
lvoasisdump OASIS ファイルを TEXT でダンプします。
lvoasisinfo OASIS ファイルのセル一覧やレイヤ一覧などの情報を出力します。
oxcellcomp 複数の GDS や OASIS ファイルのセル同士を比較して差分を抽出します。
oxipmerge 複数の GDS や OASIS ファイル同士のセルのマージします。

活用場面

oasis-util